助産所もものいえ
〜助産婦ももの小さなお手伝い〜

屋久島.jpg


あたたかいやわらかい大地に 植えられた一粒のいのちのたね
そのいのちが芽吹きはじめるとき
わたしたちは 母に 父に なることを意識します

どんな専門職の人も
経験豊富に見えるあの人でも
完璧な人はいない

妊娠した時
産むとき
育てるとき

そのどの時にも
いつでも頼れるいつでも甘えられる
そんな場所そばにいてくれる人が必要です

昔から産婆さんと言われた助産師は
その町 地域の中で どこまでも
人助けに駆け回っていました

祖母、曾祖母から引き継いだ産婆魂を込めて
いま 私にできるお手伝いをさせていただきたいと願っています

助産婦 山下百子

 

 

 

 

 

 


ももこにメール(講演依頼・相談はこちらへ)